近年増えている墓じまいの手続きや費用に関する不安を解消します

お墓の引っ越しをする目的

墓

近年では少子高齢化の影響もあって、墓じまいを考える方が増えています。墓じまいとは文字どおり、昔からあるお墓を撤去することですが、無論それだけではなく、遺骨を新しいお墓に納めて供養するところまでを含みます。先祖代々の立派なお墓があっても、後継者がいなければ供養することができません。また遠方にあってお墓参りがなかなかできず、日頃から不便を感じているというケースもあります。そこで新しいお墓を作り、改葬することが解決策のひとつになるわけです。たとえば永代供養墓という形で合祀すれば、遠い将来まで寺院や施設の管理者が供養してくれるので、跡継ぎがなくても安心できます。また不便な場所にあるお墓を常に目が届く近所に移すことで、お参りの時間や手間を大幅に減らせます。ただしお墓の引っ越しには人間の引っ越しとは異なる手続きが必要で、それなりの費用もかかるため、不便でも我慢している方が少なくありません。正しい知識を身につけることで、こうした不安を解消できます。

改葬に必要なもの

墓

墓じまいの手順としては、まず古いお墓を撤去し、自治体から改葬許可証をもらい、新しいお墓に納骨することになります。それぞれのステップで費用がかかるため、業者を選ぶときは細かく検討していくことが大切です。古いお墓を撤去するときは、重機を使用して石材やコンクリートを解体・撤去・処分する費用のほかに、遺骨を抜き取る魂抜きや、檀家から離れる時の離檀料が必要になります。石材の撤去費はお墓の状態や業者によって差が出る部分ですが、一般に5〜15万円程度といわれています。できれば複数の業者から相見積もりを取って比較したいところです。離檀料はお布施の3回分が相場とされており、10〜15万円になることが多いようですが、公営墓地を利用している場合には必要ありません。自治体への申請費用は数千円程度で、どこでも大きな差はありません。最も違いが現れるのは、新しいお墓を建てる際の費用です。従来のように大きな墓石を用意する場合は、100万円以上かかることも少なくありません。しかし最近では、永代供養墓に合祀するとか、納骨堂を利用するとか、樹木葬や散骨といった新しいお墓の形を選ぶ方も増えています。永代供養墓であれば数万円〜30万円程度が相場ですし、後継者の問題がないというメリットがあります。散骨も比較的お金のかからない方法ですが、法的な手続きが必要なので、正式の許可を受けた業者に依頼するようにしましょう。